寒くなるとおきやすい「高血圧」⑷ −減塩

寒くなるとおきやすい「高血圧」⑷ −減塩

2013.11.06

11/6(水) 寒くなるとおきやすい「高血圧」⑷ 減塩

 

高血圧の原因の一つに環境因子がある。

食塩摂取量はその中で大きなウェイトを占めている。

文明化以前の人類の1日平均食塩摂取量は0.5〜3g/日と言われており、

現代の我々の摂取量10g以上を比較すると、いかに塩分の多い食事を

してきたかが分かる。

ブログ131106

食塩摂取が3.8g/日以下であれば高血圧にはならないという大規模な研究

(DASH-Sodium)が2001年に示されており、これが理想的な食塩摂取量

とされている。

実際、血圧を下げるためには少なくとも6g/日まで落とさなければ

達成できないため、6gは減塩目標値となっている。

しかし、6gはインスタント食品を摂取すれば、あっという間に超えてしまう。

例えば、みそ味カップラーメンでは5.6g、コンビニの唐揚げ弁当で5.1g、

牛丼では4.3gの食塩が含まれている。

 

コンビニ食

 

そこで、重要になるのは、まず自分はどのくらいの食塩を摂取しているかに

関心を持つことにある。

多くの食品はNa表示だが、その数値を2.5倍すると食塩量になる。

例えばN社の小さいサイズのカップヌードルではナトリウム910mgと

書かれているので、食塩はスープを含めて2.2gになる。

その次に必要なことは、可能な減塩の範囲を決めることである。

スープあるいはソースと麺が別々のものでは、スープあるいはソースを半分

ないしはそれ以下しか使わないようにする。

唐揚げ弁当では、唐揚げ1個に食塩1g程度含むため、5個入りであれば3個に

減らして食べる。

牛丼では、紅ショウガと牛丼1/4を残す。

 

なお参考までに、日本高血圧学会では減塩食レシピを発行している(1部300円)。

減塩食レシピ

 

 

 




カテゴリ: