食品添加物とは②(スタッフ レポート)

食品添加物とは②(スタッフ レポート)

2013.12.21

院長の伊藤です。

それにしても最近は寒くなりました。

温かい食べ物、鍋やおでんが食べたくなります。

最近の鍋やおでんは種類も多く、具材選びに悩むとか。

安全な食品をどのように選ぶべきか」という悩ましい課題を

「食品添加物」から解決しようと試みたスタッフは

やっと結論に達したようです。

 

*******************************

12/21(土)「食品添加物とは②」

スタッフ小野です。

前回に続き「食品添加物」についてです。

添加物の目的として、食品メーカーは高品質で保存性も高く、

消費者の好みで満足させる食品を提供するために添加物を

用いていると前回も書きました。

 

食品添加物には、化学の進歩により合成し作られた化学物質である

「合成添加物」、そして植物の実や花、野菜や魚介類を使用して

抽出した「天然添加物」の2つがあります。

そして、添加物の安全性は動物実験を通じて確かめられて、

「一日摂取許容量」(=ADI )とされています。

これは、「ヒトが一生その物質を毎日摂取しても健康に影響の出ない量」、

すなわち動物における無害と確かめた量(無毒性量)の通常1/100量を

ヒトが毎日食べ続けても安全な量としています。

一日摂取許容量=最大無毒性量×1/100

(安全係数;マウス→ヒトへ換算するので)

 

このADIに基づいて、添加物の規格基準が厚生労働省によって

定められています。

食品添加物は科学的な根拠に基づいて、リスク評価リスク管理を

されていて安全性が確認されています。

 

結局のところ、食品選びは消費者側の考え方次第であることは

変わりません。けれど、食の選択肢は増え続けています。

食の安全性、判断が難しい時代になっているからこそ、

正しい情報をキャッチすることが重要になります。

 

参考URL: http://www.jafa.gr.jp/tenkabutsu01/

 




カテゴリ: