風邪症候群

風邪症候群

2014.02.18

大流行には至っていないが、インフルエンザのため小中学校の学級閉鎖は相次いでいる。

直接関係ないはずのビジネスパーソンも子供たちからや電車の中などで

うつされてしまうケースが多いようだ。

 

インフルエンザは風邪とまとめて風邪症候群と呼ばれている。

のどの炎症が主体の病気のためだが、インフルエンザは容易に肺炎や脳炎を生じ、

世界的な流行が起きやすいため、厳密には風邪とは扱いが違う。

 

インフルエンザの症状は発熱と関節痛が先行する点が風邪と異なると言われているが、

実際には風邪のように喉の痛みや咳から始まるインフルエンザもあり、症状からの推測は難しい。

 

風邪は対症療法を行うがインフルエンザには数種類の抗ウィルス薬があり、

症状や年令、希望に応じて用いられている。

体力が衰えているとこれらを使ってもなかなか解熱しないので、薬が効いていないのではないかと

焦らないでほしい。

 

風邪は喘息、関節リュウマチなどの様々な疾患の引き金になる事も知られている。

無理をしがちなビジネスパーソンは体を休め、風邪症候群を悪化させないようにしてほしい。

風邪

 

 




カテゴリ: