「頭部白癬」について

「頭部白癬」について

2014.02.04

2/4(火) 頭部白癬について

最近皮膚科で来院されたビジネスパーソンの症状で気になるのは頭の湿疹、脂漏性皮膚炎である。

なかなか治らずステロイド剤の外用を長く続けてしまうケースもあり、そうなると副作用の心配が生じる。

その副作用の一つに頭のカビ、即ち頭部白癬がある。

 

実際にはそう簡単には生じないようだが、ひとたび感染してしまうと厄介である。

毛髪が簡単に抜け、毛穴がぶよぶよしたり黒い点がみえたりする。

一度脱毛するとそこには二度と生えてこない。皮膚病名ではケルスス禿瘡(とくそう)と呼ばれている。

 

ペットからも感染するが、最近では頭をこすり合わせるようなスポーツを通じての感染も報告されている。

典型例であればわかりやすいが症状がはっきりしない症例もあり、脂漏性皮膚炎としてステロイド剤を

使い続けてしまうこともある。

 

大切なことはまず疑って毛髪の真菌検査をすることで、これに加え培養検査も行えば原因菌がはっきりする。

治療は足や股部の水虫と違って内服療法を行う。外用療法は行わない。

早期であれば毛を失う範囲は狭くすむ。

頭にステロイドのローションを使い続けているビジネスパーソンは、処方された皮膚科でときどき

チェックしてもらうと良いと思う。

 




カテゴリ: