静脈瘤について

静脈瘤について

2014.03.07

デスクワークの多いビジネスパーソンもおられるだろう。

なかには坐り続けて足のむくみを繰り返す人も少なくない。

このむくみは、朝になるとほとんどは回復するが、長く繰り返すうちに

スネに小さな瘤ができることがある。これが静脈瘤である。

 

原因は静脈の蛇行や拡張が多く多発することもある。

放置しておくと徐々に足がむくみ、元に戻りにくくなる。

この段階では、圧迫療法で治療することが可能だが、進行すると静脈の摘出手術が

必要になることもある。さらに、血流が悪くなるため皮膚炎も起こりやすく、

小さな傷でも潰瘍を形成しやすい。

 

このようなことを避けるためには、初期の段階できちんと対応する必要がある。

足のむくみを減らすため時々足を動かしたり、毎日のマッサージで腫れにくくしたり、

圧迫用ストッキングを履いたりしておくと効果がある。

なお、効果的な内服薬はないため、外科的処置(フォーム硬化)やひたすら圧迫療法を

行うことになるため気をつけてほしい。

 

 




カテゴリ: ,