血管神経浮腫について

血管神経浮腫について

2014.02.26

朝一番に当院へ駆け込んでくる疾患に蕁麻疹がある。

中には蕁麻疹と間違えやすい血管神経浮腫が含まれている。

突然目の周りやくちびるが腫れて醜くなり、驚いて受診されるのである。

別名クィンケ浮腫とも呼ばれるこの血管神経浮腫は、遺伝性とそうでないタイプ

に分けられる。

遺伝性は稀で大体が中学生くらいまでに発症する。

それ以外のタイプは薬剤性が多いが、原因不明の場合も少なくない。

 

放置しておくと段々元に戻ってくるが、蕁麻疹よりは時間を要し、

2.3日かかることも少なくない。

危険なのは喉に起きた場合で窒息死することも考えられるため、緊急対応が必要だ。

 

けが、抜歯、風邪などの感染、月経、寒冷刺激などで生じることがあり、

あらかじめ対策をしっかりとっておくことが肝要だ。

厄介なのは、蕁麻疹で用いる薬が効かないことで、そのことをしっかり

理解しておくと良いと思う。

喉にできない限り、焦る必要はなく、落ち着いて医療機関を受診してほしい。

 

 

 




カテゴリ: