花粉症について

花粉症について

2014.04.08

例年、花粉の時期には憂鬱になるビジネスパーソンは多い。

気象庁の予測によれば今年はスギ花粉の飛散のピークは3月中旬まで、

次いでヒノキ花粉の飛散が4月中旬にピークを迎える。

 

幸い今年は昨年に比べると非常に少ないようで、例年花粉症に苦しんでいる方も

今年は楽なようだが、スギ以外にも樹木ではコナラ、クヌギ、カシ、雑草類では

イネ科のカモガヤが増える時期でもあり、まだ油断はできない。

 

花粉症の3大症状は鼻汁、くしゃみ、鼻閉であるが嗅覚異常を伴うこともある。

また、起床時にひどくみられ、悪寒や頭痛を伴うこともあり、

風邪ではないかと思ってしまうような紛らわしい症状もでることもある。

 

治療は症状に応じて決めるが、マスク着用やうがい、手荒いが基本である。

そして花粉を室内に持ち込まないこと、万が一持ち込んだ場合は速やかに

除去することが大切である。

 

鼻汁やくしゃみといった症状に対しては抗アレルギー剤や吸入薬を用いるが、

症状がひどい時には強い薬から開始することもある。

 

花粉症は、睡眠不足や疲労は症状を悪化させるので、

特に花粉症のビジネスパーソンは睡眠をしっかり取れるよう心がけてほしい。

 




カテゴリ: