突発性浮腫について

突発性浮腫について

2014.03.04

急に体重が増えた。よく聞く話である。

体重の増加は食べ過ぎやストレスによるものがほとんどだが、体のむくみが原因で

体重が増える場合がある。

顔が何となく腫れぼったい、足のむくみがとれないなどの症状があれば要注意だ。

すぐに病院で採血など検査を受けることを勧めたい。

 

浮腫には様々の原因がある。

よく遭遇する蕁麻疹も浮腫の一つである。

しかしこれは一時的なアレルギーによるもので原因が消えれば速やかに消褪する。

また、片方の足に起きやすいといった浮腫は局所的な原因で生じる事が多い。

従って特発性浮腫とは言わない。多くは下腿の静脈の機能不全である。

 

しかし、体の機能不全のためにむくみが起きた場合、例えば腎臓、肝臓、心臓の

機能が落ちて生じる浮腫は危険である。

最初は原因が分からないため、特発性浮腫と言われることが多いが、調べていくと

徐々に明らかになる。

しかし、原因が掴めず対症的に治療せざるを得ないこともある。

これが本当の意味での特発性浮腫であろう。

 

なかなか悠長に検査など受ける時間がとれないビジネスパーソンは多く、

特発性浮腫を通り越して末期の腎障害に至ってしまった症例を経験している。

滅多にはお目にかからないが、身体をケアしながら仕事に励んで欲しい。

繰り返すむくみに悩みをお持ちの方には一度は精密検査を受けることを勧めたい。

 

 

 




カテゴリ: