漢方の基本 陰陽と虚実⑵

漢方の基本 陰陽と虚実⑵

2013.12.12

12/12(木) 漢方の基本 陰陽と虚実⑵

 

前回は陰陽と虚実の証について概説した。

具体的な例として、この証に基づいて風邪の処方を行うとしてみよう。

 

発熱のひどい時には陽証にまちがいないが、顔が赤く関節痛や腰痛を伴うならば実証と考え、

麻黄という成分の含まれる薬を使って発汗させ、治療することができる。

しかし、陽証ではあるが虚証の人、すなわち自然発汗し、

悪寒はあまり強くなくのぼせがみられるような場合には、

桂皮(シナモン)の含まれる処方を行う。

さらに、虚弱な体質の人や老人の場合はただ横になっていたいことがあり、

陰証と判断できる。このような場合は附子や茯苓の含まれる薬や香附子の

含まれる薬を服用すると良くなることが多い。

 

このような漢方診療の基本である様々な証の診断がつけば、

その人に合わせたオーダーメイド治療となり、当然ながらその効果を発揮するのだ。

漢方

 




カテゴリ: ,