栄養成分表示について(スタッフ レポート)

栄養成分表示について(スタッフ レポート)

2014.01.11

院長の伊藤です。

今日は栄養士の卵であるスタッフの小野が「栄養成分表示」について書くそうです。

食品表示はこれまでJAS法、食品衛生法、健康増進法の3法が複雑に絡んでいたものを

一元化する目的で、昨年6月「食品表示法」が公布されました。

公布から2年以内の施行と定められているため、今まさに省庁が施行に向けて動いている

ホットな話題であることも彼女の興味を引いたようです。

わたしも「食品表示法」の閣議の場で一番の要望が高かったアレルギー表示」を現在の

ように大まかな材料名のみにとどめるのかどうかに関心あります。

 

*******************************************

2014年1月11日(土)  スタッフ 小野

「栄養成分表示」について

 

普段目にする食品の裏面や側面にある「栄養成分表示」。

この表示の仕方にも複雑なルールがあることを最近知り、今回はそのご紹介です。

 

「栄養成分表示」は健康増進法に基づき、食品メーカーが販売する加工食品につけられています。

エネルギー、栄養成分やその他含有量などが表示されていますが、栄養成分名やその表示の順番、

栄養量の単位も決められています。

国民それぞれのライフステージ、生活活動および健康状態などに応じた加工食品や外食の選択を

支援し、望ましい食物・栄養摂取の実践に寄与することを目的とされています。

この栄養表示をする場合、必ず表示しなくてはならない基本項目があり、記載する順番も

決められています。(なお、栄養表示は「任意表示」)

栄養表示基準

表示の順番:

■熱量(エネルギー) kcal

■たんぱく質 g

■脂質 g

■炭水化物 g

■ナトリウム(食塩相当量) mg

■そのほか標榜する無機質(ミネラル)およびビタミン

「食塩相当量g」を記載したい場合は、必ずナトリウム表示の下にきます。

 

「カルシウム入り」「カロリーオフ」などの表示を「強調表示」といい、

該当食品を購入する際は栄養成分表示を確認してみて下さい。

なお、強調表示には、「絶対表示」と「相対表示」があります。

それらの例をあげてみます。

 

1)絶対表示

その食品について栄養成分等の量が「多い」「少ない」等という表示をいいます。

「高」「多」「豊富」」などの表示は、基準値以上、含有されていないと表示できません。

絶対表示例

 

 

2)相対表示

他の食品と比べて栄養成分等や割合が「多い」「少ない」等という表示。

こららを表示する場合は、含有量が定められた基準値以上強化(減少)している必要があります。

相対表示例

 

今回の「栄養成分表示」が、お忙しいビジネスパーソンの食品選びの

ご参考なれば嬉しいです。

 

 

参考文献:

・栄養士のための栄養指導論 第2版(学建書院)

・東京都福祉保健局  食品衛生の窓

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/anzen/hoei/hoei_016/hoei_016.html

 




カテゴリ: