朝食の大切さー起床時はエネルギー切れ状態(スタッフレポート)

朝食の大切さー起床時はエネルギー切れ状態(スタッフレポート)

2013.12.07

院長の伊藤です。

わたしは基本的に朝食(和食)を欠かすことはありません。

そのおかげで多忙でも元気でいられるのだろうと思っています。

今日はスタッフが毎日患者さんを見ている中で気になった

「朝食の摂取」について書きます。

*****************************

 

12/7(土)スタッフ小野 朝食の大切さー起床時はエネルギー切れ状態

電車に乗っていると、「急病人発生の為、この電車はしばらく停車します」

というアナウンスを時々耳にします。

実際に朝のラッシュ時において、近くの男性が立っていることが出来なくなり、

しゃがみこむという場面に遭遇したこともあります。

そういう時に思うのが、「朝食は食べているのだろうか」です。

朝食

人は寝ている間にも心臓を動かし、呼吸をする為にエネルギーを必要とします。

その為のエネルギーは、血糖(血糖とは血液中のグルコース)という形で血液中に蓄えられています。

睡眠中にも血糖は使われていて、起床した時には血糖は下がっています。

つまり起床した時の脳はエネルギー切れの状態です。

 

そして、起きている時は活動する為のエネルギーが更に必要になります。

朝食を抜くということは、エネルギー切れのまま活動していることになります。

脳はグルコース(ブドウ糖)をエネルギーとしています。

不足すると頭が働かないことにつながります。

 

手軽なものでも朝食は摂った方がいいでしょう。

簡単で手軽なものとして「バナナと牛乳」がお勧めです。

この組み合わせには五大栄養素(炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラル)が

揃うからです。そして、今の時期はバナナも日持ちします。

他には「ご飯にみそ汁」、「ライ麦パンに牛乳」です。

ご飯は冷凍がききますので、1回分ずつ、あるいはおにぎりにして保存しておく方法もありますし、

同様に食パンも冷凍がききます。

 

師走の忙しさを乗り切る為にも是非、朝食は摂る様に心がけてみて下さい。

お手軽朝食案

 

 




カテゴリ: ,