「急性胃腸炎」について〜ノロウイルス〜

「急性胃腸炎」について〜ノロウイルス〜

2013.12.27

12/27(金) 「急性胃腸炎について」 〜ノロウィルス〜

 

冬は鍋。

体が温まり栄養もとりやすい。

具材としては野菜、肉類のほか魚介類など様々なものが入れられる。

鍋

特に貝類は良い出汁もでるので、お好きなビジネスパーソンも多くいらっしゃると思う。

この貝類による感染症も比例して多くなる。

 

貝類は砂の中に生息して栄養分を吸収しているので、ウィルスや毒物を体に

ためやすい性質がある。

生産者はかなり気をつけて出荷しているが、そこは生き物、完璧というわけにはいかないだろう。

 

貝類による成人の感染原因はノロウィルスが多い。

このウィルスは、ほんのわずかな数でも感染症を起こすため、流行しやすい。

ウィルスという小さな微生物がわずか100個以下でも感染症となるのである。

しかし、感染した人の吐瀉物には1グラムにつき100万個以上、便1グラムには

1億個以上のウィルスが含まれているのだ。

 

治療は特別な方法はなく、脱水に気をつけて絶食し、体を休めることである。

予防は感染した人の便や吐瀉物の処理をきちんと行い、手洗いの励行を行うことである。

まだ忘年会も続いている季節、ぜひ貝類には気をつけていただきたい。

忘年会1

 

 




カテゴリ: