寒いときこそ水虫は治そう!

寒いときこそ水虫は治そう!

2013.11.12

11/12(火)  寒いときこそ水虫を治そう!

 

一般的に感染症は寒くなれば減ると思われている。

確かに食中毒などの細菌性疾患はなりをひそめるが、すべての感染症が

そうという訳ではない。

インフルエンザなどウィルス疾患に加え、水虫も外来では減らない感染症である。

水虫は白癬菌というカビの感染症である。

頭部白癬、体部白癬、股部白癬、手白癬など発症する部位をつけて疾患を表すが、

(下記のできやすい場所の図を参照)よく見られるのは足に生じる足白癬である。

水虫が出来る場所

水虫画像

足白癬には病型があり、夏は汗を多くかき足を露出させるために、

菌が付着しやすい。夏のじめじめするときに生じやすいのは、土踏まず部や

足趾の根元に好発する小水疱・鱗屑型である。

 

最も多いのは足趾びらん型である。さらには踵に増殖する角質増殖型もある。

冬は厚めの靴下とブーツを履くため、足下の暖房の効いたところで

2〜3時間仕事をしていれば足は蒸れ、水虫が増殖するのに十分な環境となる。

水虫は皮膚の角層(つまり垢になる部分)を好むように進化したカビである。

培養すると白い丸い房を生じて増えるので、「白癬」という名前がついている。

どこにでもいる菌なので、ほとんどの人は少数の菌を身につけているし、

風呂場のマットなどはその代表的な場所である。

 

たかが水虫に治療なんてと思うかもしれないが、皮膚科専門医としては

合併症を懸念して治療を勧める。

足にびらんを起こすと細菌が繁殖しやすくなるため、これが進行し皮下に細菌が

入ると蜂窩織炎を起こすからだ。

これは厄介な感染状態で、抗生物質を内服したり注射したりしないと拡大する。

あまりに広がりすぎてしまうと足の切断にいたることもある。

その他、水虫があると骨折してギブスを巻く場合は、爪に感染が生じてしまう。

爪白癬である。こうなるとなかなか治りにくい。

たかが水虫と言えども、冬の水虫は要注意である。

寒い時こそ水虫治療を勧めたい。

 




カテゴリ: