夏の頭部のかゆみ 優しく洗髪しよう!

夏の頭部のかゆみ 優しく洗髪しよう!

2014.08.22

夏になると「頭のかゆみ」を訴えるビジネスパーソンが増える。

忙しいビジネスパーソンにとって「かゆみ」はイライラ感をもたらす不快な症状だ。

 

「不潔だからかゆくなる」、「汗をかくと気持ち悪い」、さらには「妻から加齢臭

(男臭い)がすると言われる」等々の自責の念から、少しでも清潔にしようと

その思いの強さが指先まで伝わり、ついついゴリゴリと頭皮を傷つけるような洗髪を

していないだろうか。

 

「かゆみ」は他の部位同様に、原因を取り除かないかぎり繰り返えされることになる。

頭皮は汗をかきやすく、毛髪、毛包、汗腺・脂腺などの付属器があるため構造が複雑で

トラブルが生じやすいのだ。

 

「かゆみ」が広い範囲で生じる場合は、新しいヘアケア製品の使用が原因であることが

多い。その他の原因としては、ビタミン不足やアタマジラミに感染した子供と枕を介して

生じる例もある。

一部が「かゆい」場合は、なんらかの傷やこすれが原因だ。これには洗髪時の爪による

傷も含まれる。起きている間は我慢できても、寝ている間に無意識に掻きむしってしまう

方もおられる。その結果、出来たキズが症状を悪化させてしまう例は実に多い。

 

「かゆみ」の持続時間が短い場合はヘアケア製品など接触因子が考えられるが、

長く続く「かゆみ」であれば湿疹自体が慢性化した可能性などが考えられる。

また、繰り返す痒みの場合は、繰り返し用いる染毛剤の可能性もある。

 

頭部に「かゆみ」が生じたら、まずは落ち着いて最近の生活行動から原因を探って

ほしい。「かゆみ」の広さ、程度、持続性等から原因が判明できることも多いからだ。

それが明白ではない場合には、皮膚科専門医から原因決定と治療のためのアドバイスを

もらうと良い。

 

伊藤院長 2014.8.22(金)記
カテゴリー:皮膚科




カテゴリ: