夏の疲れから生じる「めまい」や「失神」

夏の疲れから生じる「めまい」や「失神」

2014.09.12

9月にはいって夏の疲労から倦怠感を訴えるビジネスパーソンが増えてきた。

倦怠感だけではなく、何となくめまいがするという訴えも伴う。

 

この場合のめまいは、ふわっとした浮動性めまいだ。さらに失神して意識を失う場合がある。

これは血液循環が悪くなり脳に充分な酸素が供給されなかったり、心臓に戻る血液が

不足したりして脳に充分な血液が供給されないと起こるのだ。

 

その他の影響する要因として、貧血や低血圧などの場合や脳内のセロトニンや

エンドルフィンなどの分泌がある。

従って、頑強にみえる男性にもめまいや失神は起こるのだ。

幸いこの場合の失神は短時間で回復する。慌てず横になってもらい安静にして

意識の回復を待つと良い。

 

ただ、気をつけるべき点は糖尿病治療をしている人に起きた場合である。

血糖降下剤やインスリンの過剰のために生じているので、身近にある糖分

(糖尿病患者の場合、角砂糖や金平糖など携行している方は多い)、飴などを

意識を完全に失う前になめさせれば、たちまち目をしっかりあけるはずである。

 

夏の疲労が出てくる今の時期、このようなめまいが増える。

部下や同僚がそうなることもあると心構えをしておけば、万が一社内でめまいや

失神が起きても慌てなくてすむ。

 

伊藤 院長 2014年9月12日(金) 記

カテゴリー:内科

 

 




カテゴリ: