減塩について(スタッフ レポート)

減塩について(スタッフ レポート)

2013.11.09

院長の伊藤です。
以前「高血圧」と減塩との明らかなる関係について書きました。
まずは、日本人平均食塩摂取量の11gから6gへの減塩から始めましょうというものです。
Screen Shot 2013-11-09 at 8.18.13
今回は栄養学的な見地からスタッフが書きます。
彼女のブログは食べ物の画像が多いので、気軽に読んでいただけるでしょう。
***************************************
『スタッフの小野です。
食塩の摂取量には、厚生労働省の日本人の食事摂取基準があります。
それによると、成人の1日あたりの食塩摂取基準は、男性9.0g未満、女性7.5g未満です。
つまり、1食あたり男性で3g、女性は2.5程度の塩分しか摂取できないことになります。
まず、ここで神戸市が出している食塩1g と6gの比較画像をご覧下さい。
Screen Shot 2013-11-09 at 9.38.17
そうはいっても、やむおえない外食で濃い目の味付けを食べるしかなく、減塩が難しい方も多いはずです。
そこで、減塩対策として、簡単にできることを挙げてみます。
 一般に汁物は1人前で1~1.5g、鶏の照り焼きでも1.5gで、これだけで3gです。
例えばサラダバーのドレッシングはノンオイルの和風や中華を選択する。
Screen Shot 2013-11-09 at 8.45.38
定食は、お吸い物より味噌汁にすれば、塩分は半分です。
これからの季節、湯豆腐や鍋類もおいしいですが、
醤油ではなく、めんつゆやポン酢に変えて食べると塩分を1/5量におさえることができます。
(めんつゆはだしのうま味もきいていておいしいです。)
Screen Shot 2013-11-09 at 9.08.07
夏は汗をかくので塩分も必要ですが、冬こそ温かいものを食べながら
減塩にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

Screen Shot 2013-11-09 at 10.06.43



カテゴリ: