原因を特定して治したい「アレルギー性鼻炎」

原因を特定して治したい「アレルギー性鼻炎」

2014.05.02

アレルギー疾患に悩まされるビジネスパーソンが多い季節だ。

特に「鼻アレルギー」は仕事に支障をきたすため相談を受ける事が多い。

 

広義の鼻アレルギーとは、くしゃみ・鼻閉および水性鼻汁を3主徴とし、

1型アレルギーというシンプルなアレルギー反応で生じる。

 

花粉症と混同されているが、花粉症は季節性アレルギーで

通年性のアレルギーとは違う。

4月・5月はスギ、ヒノキの花粉症の時期でもあり、どちらのアレルギーか

確かに分かりづらい。

例えば、花粉症はなかったのに今年は鼻アレルギーになった場合、

季節性ではなくハウスダストやダニによるアレルギーで生じていないか、

一度調べてみることは必要だ。

埃やダニのたっぷりふくまれた古い絨毯や敷物があれば、

通年性の鼻アレルギーを生じるためである。

 

治療はいずれのアレルギーも抗ヒスタミン剤や点鼻薬、抗ロイコトリエン薬などを

症状に応じて選択して用いる。

点鼻薬の中には使い方を間違えると鼻に影響を及ぼすものもあり注意が必要だ。

因にアレルギーの特定検査(花粉やハウスダスト、食べ物)は、

血液検査で判定できる。

 

鼻アレルギーで困っておられるビジネスパーソンには、きちんとした診断を受け

症状を改善してほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.そうすると、花粉症はなかったのに今年は鼻アレルギーが生じたといった場合、季節性ではなくハウスダストやダニによるアレルギーで生じていないか一度調べてみることは必要だ。埃やダニのたっぷりふくまれた古い絨毯や敷物があれば通年性の鼻アレルギーを生じるためである。

治療はいずれのアレルギーも抗ヒスタミン剤や点鼻薬、抗ロイコトリエン薬などを症状に応じて選択して用いる。点鼻薬の中には使い方を間違えると鼻に影響を及ぼすものもあり注意が必要だ。

鼻アレルギーで困っているビジネスパーソンはきちんとした診断を受けて適切な薬を用いてほしい。




カテゴリ: