ストレスと病気 ⑴胃腸

ストレスと病気 ⑴胃腸

2013.12.03

12/3(火) ストレスと身体への影響 ⑴胃腸

 

いよいよ師走に入り今年も残すところ1ヶ月を切り慌ただしくなってきた。

忘年会の季節だ。

忘年会

しかし、宴会の予定を考えただけで憂鬱になる、とおっしゃる

胃腸が弱いビジネパーソンもいらっしゃる。

そんなビジネスパーソンが心配するのは、周囲とのお付合いで

気を遣って食べたりしなくてはならないことが「ストレス」に

なるのかもしれない。

 

「ストレス」と「胃腸」とくれば、「胃潰瘍」を思い浮かぶ方は多いだろう。

実際は「胃潰瘍」の原因は「ストレス」ばかりではない。

胃を弱らせる原因の1つにはヘリコバクター・ピロリ菌によることがわかっており、

この菌によって弱った胃にストレスが加わると「胃潰瘍」に進展するとされている。

従って、この治療(内服療法である)を行えばストレスにさらされても

「胃潰瘍」になることはほとんど無くなる。

ピロリ菌

他の原因としては、非ステロイド性抗炎症薬での服用があげられる。

腰痛などで持続的に服用していると胃が弱り、そこにストレスが加わると

ますます潰瘍を作りやすくなる。

従って、この治療は薬の中止と「胃潰瘍」の薬の内服になる。

 

これらの代表的な「胃潰瘍」の原因に該当しなくても「ストレス」がかかると

腹痛、食欲不振、胸焼け、げっぷなどが生じること。

これを「急性胃炎」という。
胃痛

発症早期に内視鏡で調べると発赤や浮腫、びらんがあったりする。

しかし、軽い場合が多く、安静と刺激の少ない食事を摂取することで軽快する。

 

「ストレス」を感じながら、このタイプの胃炎になりやすいビジネスパーソン

への予防対策提案として、ストレス値を簡易に調べる方法がある。

これによってどのような時にストレスがかかるかを探し、ストレスの多そうな時に

前もって薬を服用するという方法が取れるからだ。

 

簡易法ストレス検査は口の中にスティックを30秒ほど入れるだけで終わる検査だ。

ストレスはかなり数値化できるようになってきたので、参考に調べてみるのも良いと思う。

 




カテゴリ: ,