ウイルス性腸炎について

ウイルス性腸炎について

2014.03.26

この冬も学校給食で大規模な集団感染が起きてしまった。

原因はノロウィルスだった。

食品会社は厳重に衛生管理していたが、調査の結果、従業員に保菌者がおり、

感染源となった。

 

ノロウィルス感染が恐ろしいのは、通常のウィルス感染症が数十万から

数百万のウィルス粒子が必要なのに対し、わずか数十個で感染症を起こしてしまうからだ。

 

ウィルスは人から排出され下水を通して処理場へ運ばれる。

しかし、この処理場をすり抜けて海へ達するウィルスが貝類に付着、

生食した人に感染する。もしくは、この貝類を調理した包丁やまな板を通して

他の食物に付着し感染を起こす。

 

85度以上の加熱にて死滅するので加熱処理した食物では問題ないが、

サラダなど生で食べるものは危ない。

 

感染のピークは3月くらいで終わるが、まだこれから送別会や歓迎会を

予定しているビジネスパーソンも多いと思う。

予防のために手洗いを励行して臨んでほしい。

 

 

 




カテゴリ: