「胼胝(たこ)」について

「胼胝(たこ)」について

2014.01.20

1/20(月)胼胝(たこ)

 

『耳に胼胝ができる』とよく言われる。

何度も同じことを言われたときに使われる言葉だが、皮膚にできる胼胝も同様で同じ力が

同じ部位に繰り返しかかり続けると生じる病気である。

 

最も多いのは足の底で、営業などで歩き回なければならないビジネスパーソンにとっては

本当に痛いと思う。足に合わない靴、骨折などで足が変形し足の一部に体重がかかりすぎると

できやすい。

デスクワーク中心のビジネスパーソンにも『ペンだこ』という胼胝ができる。

最近はパソコンの普及で減ったと思われるが中指によくみかけたものだ。

 

治療は削ることだが、削りやすくするためにサリチル酸ワセリンの染み込んだ絆創膏を

貼付した後削ると良い。問題は原因である。靴が原因とわかれば靴底に緩衝材を入れる、

足に変形があれば変形を矯正する必要性もあるかもしれない。

 

注意すべきは疣贅(ゆうぜい)、いわゆる「いぼ」との鑑別である。

「いぼ」はきちんと治療しないと他の場所へ増殖する。

胼胝と見間違えることが多いため、皮膚科専門医を一度受診して確認してもらってほしい。




カテゴリ: