「筋肉痛」について

「筋肉痛」について

2014.01.08

1/8(水) 「筋肉痛」について

 

年末の大掃除などで普段使わない筋肉を使い、今でも体のところどころに

筋肉痛を感じているビジネスパーソンはいらっしゃらないだろうか.

 

筋肉痛の正式名称は遅発性筋肉痛という。

放置しているうちに治癒するが、時間がかかるため湿布薬を貼付したり、内服薬を用いたりする。

筋肉痛

実はこの疾患の誘因は明らかでも実態の原因は確定していない。

乳酸が筋肉内に残り痛み刺激の元になるという説もあったが、

血液中の乳酸を運動前後で測った実験では運動後に速やかに下がることが分かり、

また、最近の説では筋肉線維の損傷が生じ、その回復過程で炎症物質が生じ筋膜を

刺激するため痛みが生じるとするものがあるが、まだ証明されていない。

 

遅発性筋肉痛の治療としては、痛みだした時には冷却し、時間が経過してきたら

入浴などで温めたり、ストレッチなどを行い血行改善するといった方法がある。

加齢により回復は遅れ気味になるという研究結果もあるので、

過信せずに入念に準備運動などしてから筋肉を使ってほしい。

 




カテゴリ: