「筋緊張性頭痛」について

「筋緊張性頭痛」について

2013.12.16

12月16日(月) 「筋緊張性頭痛」について

 

頭痛に悩まされているビジネスパーソンは結構いっらしゃる。

頭痛の90%が「筋緊張性頭痛」と言われている疾患だ。

今日はその「筋緊張性頭痛」について書く。

例えば、毎日頭痛がある。いつも同じ程度の痛みであること。

肩こりや首筋の痛みも感じる。

しかし、痛みのため夜目が覚めることはない。

といったような症状がこの頭痛の特徴だ。

(Rasmussen BK 他、J Clin Epidemiologyより引用)

頭痛

この頭痛の原因は、ストレスや睡眠不足、悪い姿勢、不規則な食事、

目の疲れなどがあげられるため、休みなく働いていらっしゃるビジネスパーソンが

抱えがちな要素ばかりといえよう。

 

治療としては、まず他の頭痛(低髄液圧性頭痛や副鼻腔炎による頭痛)と

識別しなくてはならないが、突然痛みがひどくなった時には非ステロイド性鎮痛剤を用いる。

具体的にはアセトアミノフェノンやロキソプロフェンである。

症状がひどい人は整形外科で脊椎牽引やトリガーポイント治療(注射による痛みの軽減)を

うける方法もある。

 

世界的には鍼治療も推奨されている。

鎮痛剤の服用が胃腸状態から難しく思える人には、当院では漢方薬を積極的に用いている。

 




カテゴリ: